このサイトで紹介する情報をご覧になれば、あなたが家庭教師に適している人材かどうかを知ることができると思います。

家庭教師のアルバイトは向き不向きがありますか?家庭教師には向き不向きがあるので注意

家庭教師のアルバイトは向き不向きがありますか?家庭教師には向き不向きがあるので注意

家庭教師は時給も良く体も疲れないアルバイトなので、非常に人気があります。実際にやってみたいと思われている方も少なくないでしょう。しかしながら家庭教師のアルバイトには向き不向きがありますので、軽い気持ちで始めてしまうと後悔をする可能性があります。

アナウンス★家庭教師はサクシード http://www.benkyo.co.jp/

これからどんな人が家庭教師のアルバイトに向いていて、どんな人が向いていないのか解説していきます。

■家庭教師のアルバイトに向いている人

まず第一条件として、家庭教師のアルバイトは勉強が好きでないとできません。生徒の成績をアップさせるのが仕事ですから、まずは自分が勉強がそれなりに好きで得意である事が大切です。そしてその上で生徒に対して勉強をどう教えたら良いのかを日々勉強する意欲がある人でないと、良い家庭教師にはなれません。

また家庭教師の時給の良さは大きなメリットですが、家庭教師を雇う側はその時給に見合う働きを期待します。お金だけしっかりと貰って成果が出せないと自分も辛くなってきますし、教え子も可哀想です。教え子をしっかりと成長させるために頑張れる、責任感のある人が家庭教師には向いています。

■家庭教師のアルバイトに向いていない人

勉強はできても教えるのが苦手な人は、当然家庭教師には向きません。勉強は好きだから大丈夫と思っても、わかりやすく教えるスキルは別物ですからそこで躓いてしまうケースも少なくありません。前述で説明をした通り、勉強を教えるための勉強ができる人が家庭教師には向いているのです。

また忍耐強くない人もあまり家庭教師には向きません。なぜなら、勉強を教えても成績が上がってくるまでには時間がかかるためです。自分としてはしっかりと教えているつもりなのにすぐに成果や効果が出ないので、焦れてしまったり不安になってしまう事もよくあります。

家庭教師に向いているのは勉強が好きで且つ勉強の教え方もしっかりと自分で勉強できる人、そして責任感と忍耐力のある人です。そうではない人は、時給だけに惹かれて家庭教師になると後悔する可能性があるので気をつけましょう。

家庭教師が生徒からの質問に答えられない・・・という事態に陥ってしまう前に読んでおきたい

【相談】
これから家庭教師のバイトを始めるのですが、わからない問題が出てきたときや生徒の質問の答えがわからない場合は、どう対処したらいいのでしょうか?

【アドバイス】

家庭教師が生徒からの質問に答えられない・・・という事態に陥ってしまう前に読んでおきたい

あなたの心配は、家庭教師のアルバイトを始める人の多くが抱くものですし、そうした不安を抱くのは、真摯な気持ちで家庭教師のアルバイトをしようと思っている証と言っていいでしょう。そんなあなたのために、授業中に「わからない」「答えられない」ということが出てきた場合の対処法を説明します。

・わからないということを素直に認める
プロの学校の教師でも、担当している教科に関する解けない問題や、生徒から質問されて答えに窮することがあるものです。まして、アルバイトの家庭教師であれば、わからないことがあるのも無理はありません。けれど、「家庭教師なんだから、わからないとは言いにくい」と考え、わかったふりをしてしまうケースが少なくありません。

わかっていないのにわかったふりをして、まちがったことを教えてしまうことは絶対に避けなけばなりません。ですから、わからないことは素直に「わからない」と認めたほうが、かえって生徒からの信頼を得ることにつながるのです。

・その場で生徒といっしょに調べる
わからないということを認めた上で、その場で生徒と調べてみるというやり方をおすすめします。「わからない、困ったな」と感じた時、「これは生徒との距離を縮める良いチャンスだ」と認識してみてはいかがでしょうか。「先生もわからない」と認め、「いっしょに調べてみよう」という流れに持っていくのです。

生徒にとっては「先生といっしょに調べる」というのは、案外楽しい作業です。教科書や参考書、インターネット情報などを使って、生徒といっしょに調べましょう。「先生はネットを見てみるから、君は参考書を調べてみて」というような分担作業にしてもいいでしょう。

こうした共同作業が、生徒との心の距離を縮めることになることも十分にありえます。

・「次回までの生徒への宿題」にする
生徒からの質問に、その場では答えられなくても、自分で調べれば答えられるという確信がある場合は、「次回までの宿題」にするという対処法もあります。「良い質問だね。それは自分で時間をかけて考えたり、調べたりすることで、よりしっかり身に着くはず。だから、次回までの宿題にして、自分で答えを探してみてね」というように指導しましょう。

そして、次回までに、自分で調べておいて、生徒にレクチャーするのです。まずは生徒が調べたことを聞き、そのあとで間違いをただしたり、補足説明をすると、教師としての威厳が保たれます。

【結論】
家庭教師で解けない問題やわからない質問があったときの対処法は、「素直にわからないと認める」「生徒といっしょに調べる」「次回までの宿題にする」