このサイトで紹介する情報をご覧になれば、あなたが家庭教師に適している人材かどうかを知ることができると思います。

家庭教師のアルバイトのデメリットはなんですか?家庭教師は意外と稼ぎにくく責任も大きいのがデメリット

家庭教師のアルバイトは大学生などを中心にとても人気がありますが、実際にやるにあたってはどんなデメリットがあるのかしっかりと知っておかなくてはいけません。これからその家庭教師のアルバイトのデメリットをご紹介するので、参考にしてください。

■時給は良いが実は稼ぎにくい
家庭教師というと時給が良いアルバイトとして有名ですが、実は月で考えるとあまり稼ぎやすいアルバイトではありません。飲食店などは休日に長ければ7時間などまとめて働く事ができます。

しかし、家庭教師は生徒一人につき一日せいぜい2時間程度です。飲食店のように長時間続けて働くという事ができないのでトータルで稼げる金額というのはそこまで多くないのです。

家庭教師と何か他のアルバイトを掛け持ちするという人も実際には少なくありません。これは見落としがちな家庭教師のデメリットです。

時給が良いからたくさん稼げそうだと思って家庭教師になるとこういった落とし穴がありますので注意をしましょう。

■やり甲斐はあるが責任も大きい
家庭教師は一人の生徒につきっきりで勉強を教えてその子の成績を伸ばしてあげる仕事なので、同じく勉強を教える仕事である塾講師などよりもやり甲斐があると感じる人は多いです。

しかしながら、同時にそれは責任にも繋がります。高い時給を払ってもらっているのになかなか成績に結びつかなければ、当然それは家庭教師である自分の責任となります。

もちろん生徒自身の頑張りも必要ですが、やはりお金を貰って仕事としてやっている以上、そのやる気を出させてあげるというのも家庭教師の役目だと言えるでしょう。

成果が出ない責任は全て背負わなくてはいけないというのは、他のアルバイトにはなかなかないデメリットになります。家庭教師のアルバイトは高時給などのメリットもあるものの、デメリットもあります。

意外と稼ぎにくい、責任が大きいなどのデメリットも理解し納得をした上で、本当に家庭教師は自分に合っているアルバイトなのかしっかりと判断しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。