このサイトで紹介する情報をご覧になれば、あなたが家庭教師に適している人材かどうかを知ることができると思います。

初めて小学生相手の家庭教師のバイトをすることになりました。何か注意すべきことはありますか?

カメラ目線の家庭教師

家庭教師のバイト経験自体が初めてという人はもちろん、家庭教師の経験はあっても、小学生の生徒を持つのは初めてという場合、どんな心がまえで臨めばいいかわからないことも多いでしょう。

小学生相手の家庭教師のバイトをする際に注意すべきこと、持っていたい心構えについて、3つのポイントをお話しします。

1.友達感覚にならないよう、時には厳しく接する
小学生の生徒を持つと、どうしても「やさしい先生」になろうとするものです。もちろん、生徒から「やさしく接しやすい先生」と思われることは良いことです。

しかし、やさしく接しようという意識が強すぎると、「甘い先生」と思われかねません。「甘い先生」という評価をした生徒は、家庭教師をなめてかかります。

また、生徒に気に入られようとするあまり、友達感覚の関係になることも少なくありません。ひとたびそういう関係ができてしまうと、緊張感のない授業になってしまいます。

緊張感のない授業では、生徒の真剣味や集中力が減じることは間違いないでしょう。そんなことにならないよう、特には厳しい一面を見せ、「教師と生徒」という立場をはっきりさせることが、特に生徒が小学生の場合は必要になるのです。

2.生徒の親とのコミュニケーションを密にする
生徒の年齢が低くなればなるほど、その親との関係性の持つ意味や役割が大きくなります。ですから、家庭教師の授業を始める前に、親御さんとしっかり話をする機会を設けましょう。

そして、親御さんは家庭教師に何を望んでいるのか、目標をどこに設定しているのかを、きちんと把握するのです。また、生徒の個性や性格、行動傾向などを親御さんから聞いておくと、指導がしやすくなります。

家庭教師を初めてからも、常に親御さんとのコミュニケーションは密に取るようにしましょう。「親といっしょに生徒を育てる」という意識を持つこと、これが小学生相手の家庭教師のバイトをするための心構えです。

3.生徒にとって、人間的な手本になるようにする
生徒の年齢が低くなればなるほど、勉強以外のことを教える機会が多くなると考えていいでしょう。人間としてしていいこと、してはいけないことを、家庭教師をしながら教える必要が出てくるのです。

ですから、小学生相手の家庭教師のバイトをする際は、時に道徳的な指導をすることもあると考えておきましょう。そうした指導を効果的にするためには、自分が生徒の手本になるよう心がけなければなりません。

たとえば、「約束の時間は守らなければならない」と説きながら、自分が家庭教師のバイトの時間に遅刻するようでは、説得力はまるでなくなってしまいます。

「自分を見習いなさい」と胸を張って言えるような言動を、心がけるようにしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。